スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒロセ通商『LION BO』

ヒロセ通商の提供するバイナリーオプションのサービスは【LION BO】と呼ばれています。【LION BO】では、シンプルなシステムや扱いやすい取引ツールなどに定評があります。それらは必ずしも初心者の方だけを対象としているわけではないのですが、バイナリーオプション初心者の方を中心に大きな人気を集めています。


1:初心者の方でも安心のシンプルで扱いやすいシステムやツール

ヒロセ通商のLION BO(ライオンバイナリー)のシステムは、投資経験のない初心者の方にとって魅力的だと感じられる特徴が多い傾向があります。シンプルで扱いやすいシステムや取引ツールなどが最大の人気の理由となっているようです。取引対象は親しみのある為替ペア3種類に絞られており、二択を予想するだけの基本的な判定方法のみが採用されているため、初心者の方でも気軽に取引を始めることができます。


2:一口「500円」から利益獲得チャンスが一日に最大440回も

ヒロセ通商の【LION BO】では、最少「500円」からの少額取引が可能です。取引手数料は無料です。投資額が少なければ、当然利益も少なくなってしまいますが、ペイアウト倍率は「購入資金の2倍」に近い値となっているため、少額取引でも十分なペイアウト獲得を狙えます。しかも、一日の取引チャンスが「最大440回」も用意されているため、積極的に利益を狙うことができます。


3:朝~夜までの取引時間で、判定時刻の5分前まで申し込みが可能

ヒロセ通商 の【LION BO】の取引時間は、朝の9:10~夜の20:40までです。そして、その取引時間内に最大「440回」の取引チャンスがあります。その上で、判定時間の5分前まで申し込みが可能なため、最短5分後の相場を予想をするだけで取引に決着をつけることもできます。また、ヒロセ通商の 【LION BO】では、取引の途中でも臨機応変に「途中清算(権利放棄)」を行うことができます。使い方や使うタイミングはユーザー次第ですが、途中清算をうまく活用することで損失を最小限に抑え、その時点で最適の利益を確保していくことができます。
スポンサーサイト

テーマ : バイナリーオプション(BO)
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : バイナリーオプション オプションコム 業者 比較 口座 開設 ブログ

IG証券『バイナリーオプション』

IG証券は、2009年に日本で初めてバイナリ―オプションの提供を開始しました。

国内でも有数の豊富な取扱銘柄を取り扱っており、
本格的なバイナリーオプション取引をしたいというトレーダーから人気を集めています。

それでも、提供するサービスは“シンプル”をモットーとしているため、
初心者の方でも挑戦しやすいです。


ポイント①:シンプルな三種類のバイナリーオプション

IG証券のバイナリーオプションは、ワンタッチ・レンジ・ラダーという三種類の判定方法から選択して取引を行います。一口「1000円」から取引をスタートできるため、いろいろな取引方法に挑戦しながら、ご自分に合った取引スタイルを見つけていくと良いでしょう。


ポイント②:為替・株価指数・商品と計20種類以上の豊富な銘柄

IG証券のバイナリーオプションでは、為替5ペア・株価指数14種類・商品3種類と、計22種類の銘柄を取り扱っています。この取扱銘柄数は、国内業者の中でも随一です。トレーダーは、豊富な銘柄の中からご自分に合ったものを選んで取引をすることができます。その上で、取引方法や対象銘柄によって、最大で10~20倍のペイアウトが望めます。


ポイント③:一日に1回の判定で時間をかけた取引が可能

IG証券のバイナリーオプションの判定時間がは、午後21時の一度のみとなっています。他のバイナリーオプション取扱業者の設定では10分や15分といった短期決済も可能な所が多いですが、IGマーケッツ証券のバイナリーオプションでは、相場の値動きを見ながらじっくりと時間をかけた取引を行うことができます。


ポイント④:取引終了の直前まで「途中清算」が可能

IG証券のバイナリーオプションでは、取引終了の直前までオプションの「途中清算」を行うことができます。途中清算(権利放棄)を行うことによって、損失が膨らむ一方だと予想できるオプションの損失額が膨らんでしまう前に清算し、その時点で損益を確定させることができます。

テーマ : バイナリーオプション(BO)
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : バイナリーオプション 業者 比較 igマーケッツ証券 ブログ 口座開設

GMOクリック証券『外為オプション』


GMOクリック証券では、2011年3月からバイナリーオプションのサービス提供を開始しました。

そのサービスは【外為オプション】と呼ばれています。

携帯電話やスマートフォンアプリにも対応しており、
サポート環境も充実。多くのトレーダーから絶大な人気を集めています。

概要・詳細については【GMOクリック証券 外為オプション】をご覧ください。


1:シンプルでわかりやすいオーソドックスな取引ルール

GMOクリック証券の【外為オプション】の判定方法は、
対象銘柄の相場が一定時間後に「上がるか下がるか?」を予想する、
基本的な「ハイロー」型ののみを採用しています。

また、取扱銘柄も、米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円という
比較的身近な通貨ペアに限定されています。

これらのシンプルでわかりやすい取引ルール(条件)の設定が、
幅広い層のトレーダーからの人気の理由ともなっているのです。


2:最少「100円」からのローリスクな取引が可能

GMOクリック証券の【外為オプション】の最少取引金額は、
一口「100円」に設定されています。

したがって、初心者の方でもローリスクな取引を行うことができます。

その上で、取引チャンスは一日に236回もあるため、
積極的に利益を狙っていくことができます。

更に、GMOクリック証券の【外為オプション】のペイアウト倍率は、
購入資金の「約2倍」と高倍率に設定されているため、
少額の資金からの取引でも十分な満足感を得られます。


3:登録から一ヶ月間「無料デモ取引」が利用可能

GMOクリック証券の【外為オプション】では、
登録から一ヶ月間は「無料のデモ取引」を利用することができます。

デモ取引では、仮想の通貨を利用して実際の取引を体験することができます。

バイナリーオプション初心者の方は、
本格的な取引を始める前にデモ取引で雰囲気に慣れておくと良いでしょう。

また、【外為オプション】は、携帯電話やスマートフォンからの取引にも
対応しているため、いつでもどこからでもスムーズに取引に参加することができます。



テーマ : バイナリーオプション(BO)
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : バイナリーオプション gmoクリック証券 業者 比較 口座開設 ブログ ランキング

バイナリーオプションとFX②

こちらでは、『バイナリーオプションとFX①』のページに続き、FXと比較したバイナリーオプションの特徴をご紹介していきます。


バイナリーオプションには、FXや従来の投資商品にはなかった様々な特徴があります。そして、それらの特徴が、バイナリーオプションの人気の理由となっているとも言えます。


まず『バイナリーオプション』では、基本的に予め「取引時間」が設定されています。したがって、取引時間内に申し込みを済ませたら、後は「判定時間」を待つだけで自動的に取引が清算され完結する仕組みになっています。また、そうして取引時間が決まっていることで、取引開始時にはその取引の「最大利益額」と「最大損失額」が把握できるため、投資を行っていく上で最も重要だと言われる『リスク管理』です。

更に『バイナリーオプション』では、投資した金額以上の損失は発生しません。つまり、投資した金額=最大損失額として、予めリスクが限定されているのです。バイナリーオプションの場合はFXでいうレバレッジのような仕組みはありませんから、あくまで手持ちの資金の中での取引になるため、FXほど大きな利益を狙うことは難しいですが、圧倒的に「ローリスク」かつ「計画的」な投資活動を行えるという点が、バイナリーオプションの大きな魅力であり、FXとの大きな違いだとも言えるでしょう。

また、バイナリーオプションでは、詳細な為替相場の値動きまで予想する必要はありません。必要なのは、、一定時間後の相場が「上がるか下がるか?」「特定の条件を満たすか満たさないか?」という二択の予想だけです。したがって、バイナリーオプションでは二択の予想さえ的中すれば、一定のペイアウトを受け取ることができるのです。

バイナリーオプションは、基本的に24時間以内などの短期で決着がつくという点も特徴であるため、時間がない方や相場の変動などにあまり詳しくない方でも、時間をかけずに気軽に取引に参加できるようになっています。


このように、バイナリーオプションにもFXにも、それぞれに異なった特徴があります。
どちらのどの特徴をご自分にとってのメリットとしてみて実際の取引に活用していくかは人それぞれだと思いますが、こうした違いをしっかりと把握しておくことで、ご自分に合った取引スタイルも選択していきやすいでしょう。

その上で、バイナリーオプションは、とにかく「シンプル」で「ローリスク」な点が大きな特徴として挙げられますから、FXや従来の投資商品には難しそうなイメージがあり手が出しづらかったという方は、まずはバイナリーオプションに挑戦してみてはいかがでしょうか?

テーマ : バイナリーオプション(BO)
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : バイナリーオプション fx 比較 ブログ 戦略 攻略

バイナリーオプションの注意点

今話題のバイナリ―オプションは、『シンプルな取引ルール』『短期で決着がつく』『少額からのローリスクな投資が可能』といった点などが主な特徴として挙げられ、そういった特徴から人気を集めている投資商品です。その人気が証明している通り、確かにそれらは大変魅力的な特徴だと言えるのですが、一方では“その特徴ゆえ”の「注意点」もありますので、しっかりと確認しておきましょう。


まず、バイナリーオプションは数ある投資商品の中でも『シンプルでローリスク』という点が特徴であるため、ついつい“ゲーム感覚”で取引を繰り返してしまうというループに陥りがちです。取引に慣れてコツも掴めてきたら、やはり回数を重ねたり投資する金額を大きくしたりもしたくなるでしょう。しかし、バイナリーオプションの取引ルールでは「予想が外れた場合、投資した資金は全額没収」されてしまいますから、そういった時に負けが続いてしまったりすれば、あっという間に損失が膨らんでいたなどということにもなりかねません。

したがって、バイナリーオプション取引を始める際には、事前に「どれだけの資金を投資するか?」「どれだけの損失までなら許容範囲とするか?」を明確に定めておき、自分自身で損益を管理することが必要になってきます。そして、いつでも熱くなりすぎず冷静に取引を行うことです。


結果的にバイナリーオプションのシンプルさに頼り切って、二択で当たればOKという“勘頼み”の取引になってしまえば、確実に利益を積み上げていくのは難しくなってしまいますし、損失だけが膨らみ続けてしまう可能性も高くなります。

したがって、そういった面ではやはり従来の投資取引と同じように“根拠”のある投資を行っていくことが大切です。
そこで、押さえておきたいポイントが「相場やチャートの研究」と「取引に利用する業者選び」です。


バイナリーオプション取引でも、株やFX取引と同じように相場の上昇や下落を注意深くチェックすることが必要だと、まずは頭に置いておきましょう。常にアンテナを立てておくことが、バイナリーオプションの結果に反映されることも多いはずです。
また、各取扱業者が提供しているサービスや詳細な取引ルールは少しずつ異なるため、自分の取引スタイルに合った仕組みやサービスを提供している業者を選んで利用していくことも、バイナリーオプションで結果を出す上では重要な要素になってきます。

テーマ : バイナリーオプション(BO)
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : バイナリーオプション ブログ 注意点 比較 攻略 戦略

バイナリーオプションのデメリット

数ある投資商品の中でも取引ルールのシンプルさや手軽さが特徴的で、人気を集めている『バイナリーオプション』。その特徴の多くは、メリットとして紹介されることも多いです。しかし、その特徴の中にも「メリット」と言えるものもあれば「デメリット」と言えるものもあります。効率よく投資活動をしていくためには、そのどちらも把握しておく必要があります。そこで、ここでは「バイナリーオプションのデメリット」と言えるポイントについてご紹介します。


■予想が外れた場合、投資した資金の全額を失う

例えば株やFXで言えば、投資した資金の全額を失ってしまうということはまずありません。途中で手放して損失を最小限に抑えられるか、必要以上に大きくしてしまうかは、トレーダー次第だと言えます。しかし、バイナリーオプションでは、予想が外れた時には「投資金の全額を失う」という取引ルールになっています。バイナリーオプションが“オール・オア・ナッシング”のトレードと呼ばれる所以である「0か1か?」というルールは確かにわかりやすいのですが、それにはそれなりのリスクも覚悟しておく必要があります。投資額を少なくすればそれほどの痛手を負わなくても済みますが、その分利益も小さくなります。したがって、その損益のバランスを考えながら投資を行っていけるかどうかが、バイナリーオプションで結果を出すための重要なポイントとなってきます。


■確率が50%であるため、総合的に利益を出すことが困難

バイナリーオプションでは、前もって取引時間が設定されているため、取引のスタート時点で「最大利益額」と「最大損失額」が確定しています。そして、それは“リスク管理”がしやすいというメリットとも言えるのですが、その数字が意味する所にも注目してみましょう。 例えば、ペイアウト倍率1.80倍の取引に参加した場合、5000円を投資したとしたら、勝てば+4000円/負ければ-5000円となります。1000円は取扱業者の取り分です。つまり、このような勝率50%の取引が続けば、結果的には利益は出ないことになってしまうのです。その点を考える際に重要になってくるのが、業者ごとに設定されている『ペイアウト倍率』です。詳細な設定値や条件は取扱業者ごとに異なっているため、前もって確認しておくことをお薦めします。


以上のように、バイナリーオプションの特徴には「デメリット」として挙げられるポイントもあります。確かに、取引ルールがシンプルで誰でも気軽に参加しやすいということで『バイナリーオプション』は、大きな人気を集めていますが、逆を言えば、その参加者の誰もがいつでも損をする可能性があるということも覚えておきましょう。また、取引ルールがシンプルでローリスクあるからこそ、ゲーム感覚やギャンブル感覚になってしまわないよう、あくまで“投資”として冷静な取引を行っていきましょう。

テーマ : バイナリーオプション(BO)
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : バイナリーオプション ブログ デメリット 特徴 攻略 戦略

バイナリーオプションのメリット②

バイナリーオプションが今爆発的な人気を集めている理由としては、バイナリーオプションならではの様々の特徴がメリットとして捉えられることが多いということが挙げられます。
それでは、「バイナリーオプションのメリット①」に引き続き、更にバイナリーオプションのメリットをご紹介していきましょう。


■前もって“リスク”(損失)が限定されている

バイナリーオプションの大きな特徴の一つとしては、最少で50円や100円といった少額の投資金から取引を行えるという点が挙げられます。(取扱業者によって異なります)その上で、バイナリーオプションでは、投資した金額以上の損失は一切発生しない仕組みになっています。つまり、1000円を投じたら1000円以上の損失は発生しないのです。そのため、取引のスタート時には、前もって「最大利益額」と「最大損失額」を把握することができ、バイナリーオプションは、投資を行う上で最も重要だとされる“リスク管理”が非常にしやすいのです。
また、中には「途中清算」に対応している取扱業者もあるため、基本的には判定時間(満期)を待つというシステムのバイナリーオプションでも、その時々で随時最適な損益を獲得していくこともできます。


■時間をかけずに空いた時間で自由に取引できる

バイナリーオプションでは、取引時間が前もって設定されているため、申し込みを済ませた後は判定時間(満期)を待つのみで取引が完結する仕組みになっています。そのため、通常のFX取引のように常に相場の変動を確認したりタイミングよく売買を行ったりするために、四六時中PCに張り付いている必要がありません。したがって、なかなかまとまった時間を投資に費やすことができない・・という方でも、空いた時間で気軽に取引に参加することができます。取引時間が日中~深夜までや24時間に設定されている業者などを利用すれば、更に自由に取引を行えますし、また、その日のうちに結果が出ることもバイナリーオプションの特徴です。


こうして挙げたのはあくまで一部分ですが、このようにバイナリーオプションには様々な特徴やメリットがあります。こうして挙げた中で、どのポイントを最も魅力的だと感じるか・どの点を重視して取引を行っていくか、は人それぞれだと思いますが、こうしたメリットの一つ一つをしっかりと理解しておくことが、バイナリーオプションで結果を出していくためには重要になってきます。そして、これらのポイントを踏まえて、ご自分に合った取引スタイルに合った取扱業者や取引方法を選んでいきましょう。

テーマ : バイナリーオプション(BO)
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : バイナリーオプション 戦略 ブログ メリット 比較 特徴

バイナリーオプションのメリット①

今『バイナリーオプション』が圧倒的な人気を集めている理由として、バイナリーオプションには他の投資商品にはないたくさんのメリットがあるということが挙げられます。「他の商品にはない」という点こそが、初心者から経験者の方まで幅広い層のトレーダーに注目されているのです。
その上で、そうしたメリットを予め理解しておくことが、バイナリーオプションで利益をあげるための重要な要素ともなってきますので、しっかりと結果を出すためにも、バイナリーオプションのメリットを把握しておきましょう。


■わかりやすくシンプルな予想方法

バイナリーオプションは、基本的に“二者択一”の予想だけで行えるシンプルな取引です。一定時間後の相場が「上がるか下がるか?」「一定の条件を満たすか満たさないか?」を二択で選ぶだけですから、購入した銘柄の値動き自体が大きくても小さくても利益を獲得できるチャンスがあるのです。要するに、通常のFX取引などのように値動きの幅といった詳細なことまで考える必要がないのです。バイナリーオプションでは、当たりか外れかの結果が全てなのです。


■スピーディーな短期決済が可能

バイナリーオプションでは、予め「取引時間」が設けられています。そして、そのほとんどは24時間以内に設定されています。通常のFX取引などの場合では、売買のタイミングを見極めてトレーダー自身が清算を行わなければ取引が終了しませんが、バイナリーオプションでは取引時間が設けられているため、判定時間を迎えれば自動的に取引が清算される仕組みになっているのです。しかも、その取引時間が基本的に一日のうちに設定されており、中には、判定までが最短で数分というケースもあるため、時間をかけずに短時間で利益を狙うことができるのです。


※「バイナリーオプションのメリット②」へ続きます。

テーマ : バイナリーオプション(BO)
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : バイナリーオプション メリット 特徴 比較 攻略 ブログ

バイナリーオプションの税金

バイナリーオプションで得た利益は、FXと同じで「雑所得」扱いとなります。


その上で、バイナリーオプションで得た利益とFXで出た利益は、共に「雑所得」として“損益通算”ができるようになっています。例えば、バイナリーオプションで50万円の利益、FXで10万円の損失を出した場合、損益通算することによって「雑所得」は40万円と計算することができます。

また、加えて「雑所得」に該当するものは、原稿料や講演料など他にもありますので、それらとバイナリーオプションやFXで得た利益など、雑所得同士を通算して計算を行います。

そして、所得が「年間で20万円」を超えた場合に『確定申告』を行う必要が出てきます。


確定申告までの簡単な流れは下記のようになります。

【1】一年間に得た雑所得を計算する
【2】雑所得の合計を出したら、所得を得るために費やした必要経費を引く
【3】他に会社からの給料などの所得がある場合は、それらの所得と合算して税金額を計算する


その上で、確定申告を行う際には【2】にある「経費」のことも考える必要があります。

バイナリーオプション取引を行う時には、まず最初に投資用の資金を用意する必要があります。しかし、これは経費には含まれません。ただし、取引時の手数料は経費扱いになります。

また、手数料のほかにバイナリーオプションの経費として、振込手数料・セミナー等に参加した場合の代金・筆記用具代・パソコン購入代金(取引に利用する時間の割合による)・関連雑誌や新聞などの購入代金などが、経費として認められるケースがあります。

この経費の分類に関する部分は、とてもややこしい所でもあるのですが、勉強しておいて損ということはないですから、しっかりと覚えておきましょう。


税金の問題は、一度経験してしまえばすぐに覚えることができます。最初は難しく感じてしまうこともあるかと思いますが、これも必要なことと割り切って勉強してみて下さい。


実際に取引を始めてしまえば、年間20万円ほどは意外とすぐに超えてしまいます。

逆に、ずっと確定申告の必要がない程度の利益しか得られないというのも少し寂しいものだと思いますから、まずは、確定申告が必要になるくらい稼ぐということを目標にしてみても良いのではないでしょうか?


※税金についての詳細は、税務署や各FX業者に必ず確認して下さい。

テーマ : バイナリーオプション(BO)
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : バイナリーオプション 税金 比較 ブログ 2012 戦略

バイナリーオプションとは②

そもそも『バイナリーオプション(Binary Option)』の『バイナリー(Binary)』という単語は、コンピューター用語などの「二進法」のことを指しています。つまり、『バイナリーオプション』という商品名自体が、「0」か「1」か、「当たり」か「外れ」かの“二者択一”のトレードだということを意味しているわけです。

詳細な取引ルールなどは各取扱業者によっても異なりますが、基本的に『バイナリーオプション』では、「予想が当たれば投資額の約2倍がペイアウト(払い戻し)される」「予想が外れれば投資した資金の全額が没収される」という仕組みになっています。そういった仕組みから『バイナリーオプション』は、「0」か「1」かの“オール・オア・ナッシング”のトレードだと表現されるのです。


その上で、『バイナリーオプション』の大きな特徴の一つとしては、購入した銘柄の値動き自体が大きくても小さくても二択の予想さえ当たればペイアウトを受け取れる、という点が挙げられます。また、バイナリーオプションでは「取引時間」が前もって設定されているため、一定の条件を基準として「判定時間(満期時)」にそれよりも相場が上がると予想した場合には、一銭でも二銭でも上がっていれば一定の金額がペイアウトされます。つまり、いくら動いたからいくらペイアウトされる、という値動きの幅が関係する判定基準ではないのです。しかも「取引時間」が設定されているため、「判定時間(満期)」がくれば、自動的に取引は清算される仕組みです。

ただし、反対に予想が外れてしまえば投資した資金は全額没収となります。
それこそ『バイナリーオプション』が“オール・オア・ナッシング”のトレードと言われる理由なのです。

シンプルな取引ルールで気軽に参加できるからこそ、投資という感覚を忘れてしまいがちになるという点には少々注意が必要ですが、何にせよ、「投資」と聞くだけで色々と難しそうだとか面倒そうだとかというイメージを持ってしまう方にとって、この「0」か「1」かという仕組みは非常にわかりやすく身近に感じられると言えるでしょう。

テーマ : バイナリーオプション(BO)
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : バイナリーオプション ブログ バイナリーオプションとは 比較 戦略

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。