スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口座開設と業者比較のポイント①

それでは、実際にバイナリーオプション取引専用の口座開設を行う取扱業者を選んでいく際にチェックしておきたいポイントをご紹介していきましょう。


バイナリーオプションの取扱業者は、国内の証券会社やFX業者、国外にプラットフォームを置く金融系の企業や専門業者などを中心に、複数存在しています。そして、それぞれが特徴あるサービスを提供しています。したがって、その中からご自分の取引スタイルに合ったサービスを提供している取扱業者を選んでいくことが必要です。


そこで、業者選びにあたってチェックしておきたいポイントをいくつか挙げておきます。それらのポイントの中から、ご自分が重視するポイントに注目して各業者を比較していくと良いでしょう。


ここで挙げるポイントとは『ペイアウト倍率』『最少取引金額』『取引時間』『判定時間』『取扱銘柄数』です。


まず『ペイアウト倍率』は、実際のバイナリーオプション取引で二択の予想が的中した時に払い戻しされる金額を決定する倍率のことです。当然のことながら、このペイアウト倍率が高いほど、取引を有利に進めることができるわけですから、ここは確実にチェックしておきたいポイントになると思います。ただし、取扱業者によっては、オプションの銘柄や取引時間などで変動するケースもあるため、詳細は事前にしっかりと確認しておきましょう。


続いての『最少取引金額』は、実際のバイナリーオプション取引に参加するための最少投資額です。オプション一口の最低価格と言っても良いでしょう。バイナリーオプションの場合は、取扱業者によっては、この最少取引金額が「50円」や「100円」といった少額に設定されている所もあります。そうした少額から取引に参加できるという点がバイナリーオプションの大きな特徴の一つでもあります。投資金が少額になれば、それだけ利益も少なくなってはしまいますが、とにかく少ない資金から投資に挑戦してみたいという方には、この最少取引金額が業者選びの際の大きなポイントとなるでしょう。



※「口座開設と業者比較のポイント②」に続きます。
関連記事

テーマ : バイナリーオプション(BO)
ジャンル : 株式・投資・マネー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。