スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイナリーオプションとは②

そもそも『バイナリーオプション(Binary Option)』の『バイナリー(Binary)』という単語は、コンピューター用語などの「二進法」のことを指しています。つまり、『バイナリーオプション』という商品名自体が、「0」か「1」か、「当たり」か「外れ」かの“二者択一”のトレードだということを意味しているわけです。

詳細な取引ルールなどは各取扱業者によっても異なりますが、基本的に『バイナリーオプション』では、「予想が当たれば投資額の約2倍がペイアウト(払い戻し)される」「予想が外れれば投資した資金の全額が没収される」という仕組みになっています。そういった仕組みから『バイナリーオプション』は、「0」か「1」かの“オール・オア・ナッシング”のトレードだと表現されるのです。


その上で、『バイナリーオプション』の大きな特徴の一つとしては、購入した銘柄の値動き自体が大きくても小さくても二択の予想さえ当たればペイアウトを受け取れる、という点が挙げられます。また、バイナリーオプションでは「取引時間」が前もって設定されているため、一定の条件を基準として「判定時間(満期時)」にそれよりも相場が上がると予想した場合には、一銭でも二銭でも上がっていれば一定の金額がペイアウトされます。つまり、いくら動いたからいくらペイアウトされる、という値動きの幅が関係する判定基準ではないのです。しかも「取引時間」が設定されているため、「判定時間(満期)」がくれば、自動的に取引は清算される仕組みです。

ただし、反対に予想が外れてしまえば投資した資金は全額没収となります。
それこそ『バイナリーオプション』が“オール・オア・ナッシング”のトレードと言われる理由なのです。

シンプルな取引ルールで気軽に参加できるからこそ、投資という感覚を忘れてしまいがちになるという点には少々注意が必要ですが、何にせよ、「投資」と聞くだけで色々と難しそうだとか面倒そうだとかというイメージを持ってしまう方にとって、この「0」か「1」かという仕組みは非常にわかりやすく身近に感じられると言えるでしょう。
関連記事

テーマ : バイナリーオプション(BO)
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : バイナリーオプション ブログ バイナリーオプションとは 比較 戦略

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。