スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイナリーオプションの税金

バイナリーオプションで得た利益は、FXと同じで「雑所得」扱いとなります。


その上で、バイナリーオプションで得た利益とFXで出た利益は、共に「雑所得」として“損益通算”ができるようになっています。例えば、バイナリーオプションで50万円の利益、FXで10万円の損失を出した場合、損益通算することによって「雑所得」は40万円と計算することができます。

また、加えて「雑所得」に該当するものは、原稿料や講演料など他にもありますので、それらとバイナリーオプションやFXで得た利益など、雑所得同士を通算して計算を行います。

そして、所得が「年間で20万円」を超えた場合に『確定申告』を行う必要が出てきます。


確定申告までの簡単な流れは下記のようになります。

【1】一年間に得た雑所得を計算する
【2】雑所得の合計を出したら、所得を得るために費やした必要経費を引く
【3】他に会社からの給料などの所得がある場合は、それらの所得と合算して税金額を計算する


その上で、確定申告を行う際には【2】にある「経費」のことも考える必要があります。

バイナリーオプション取引を行う時には、まず最初に投資用の資金を用意する必要があります。しかし、これは経費には含まれません。ただし、取引時の手数料は経費扱いになります。

また、手数料のほかにバイナリーオプションの経費として、振込手数料・セミナー等に参加した場合の代金・筆記用具代・パソコン購入代金(取引に利用する時間の割合による)・関連雑誌や新聞などの購入代金などが、経費として認められるケースがあります。

この経費の分類に関する部分は、とてもややこしい所でもあるのですが、勉強しておいて損ということはないですから、しっかりと覚えておきましょう。


税金の問題は、一度経験してしまえばすぐに覚えることができます。最初は難しく感じてしまうこともあるかと思いますが、これも必要なことと割り切って勉強してみて下さい。


実際に取引を始めてしまえば、年間20万円ほどは意外とすぐに超えてしまいます。

逆に、ずっと確定申告の必要がない程度の利益しか得られないというのも少し寂しいものだと思いますから、まずは、確定申告が必要になるくらい稼ぐということを目標にしてみても良いのではないでしょうか?


※税金についての詳細は、税務署や各FX業者に必ず確認して下さい。
関連記事

テーマ : バイナリーオプション(BO)
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : バイナリーオプション 税金 比較 ブログ 2012 戦略

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。