スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイナリーオプションのデメリット

数ある投資商品の中でも取引ルールのシンプルさや手軽さが特徴的で、人気を集めている『バイナリーオプション』。その特徴の多くは、メリットとして紹介されることも多いです。しかし、その特徴の中にも「メリット」と言えるものもあれば「デメリット」と言えるものもあります。効率よく投資活動をしていくためには、そのどちらも把握しておく必要があります。そこで、ここでは「バイナリーオプションのデメリット」と言えるポイントについてご紹介します。


■予想が外れた場合、投資した資金の全額を失う

例えば株やFXで言えば、投資した資金の全額を失ってしまうということはまずありません。途中で手放して損失を最小限に抑えられるか、必要以上に大きくしてしまうかは、トレーダー次第だと言えます。しかし、バイナリーオプションでは、予想が外れた時には「投資金の全額を失う」という取引ルールになっています。バイナリーオプションが“オール・オア・ナッシング”のトレードと呼ばれる所以である「0か1か?」というルールは確かにわかりやすいのですが、それにはそれなりのリスクも覚悟しておく必要があります。投資額を少なくすればそれほどの痛手を負わなくても済みますが、その分利益も小さくなります。したがって、その損益のバランスを考えながら投資を行っていけるかどうかが、バイナリーオプションで結果を出すための重要なポイントとなってきます。


■確率が50%であるため、総合的に利益を出すことが困難

バイナリーオプションでは、前もって取引時間が設定されているため、取引のスタート時点で「最大利益額」と「最大損失額」が確定しています。そして、それは“リスク管理”がしやすいというメリットとも言えるのですが、その数字が意味する所にも注目してみましょう。 例えば、ペイアウト倍率1.80倍の取引に参加した場合、5000円を投資したとしたら、勝てば+4000円/負ければ-5000円となります。1000円は取扱業者の取り分です。つまり、このような勝率50%の取引が続けば、結果的には利益は出ないことになってしまうのです。その点を考える際に重要になってくるのが、業者ごとに設定されている『ペイアウト倍率』です。詳細な設定値や条件は取扱業者ごとに異なっているため、前もって確認しておくことをお薦めします。


以上のように、バイナリーオプションの特徴には「デメリット」として挙げられるポイントもあります。確かに、取引ルールがシンプルで誰でも気軽に参加しやすいということで『バイナリーオプション』は、大きな人気を集めていますが、逆を言えば、その参加者の誰もがいつでも損をする可能性があるということも覚えておきましょう。また、取引ルールがシンプルでローリスクあるからこそ、ゲーム感覚やギャンブル感覚になってしまわないよう、あくまで“投資”として冷静な取引を行っていきましょう。
関連記事

テーマ : バイナリーオプション(BO)
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : バイナリーオプション ブログ デメリット 特徴 攻略 戦略

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。